違法金融業者の手口

他人にお金を貸して金利を受け取って利益をあげるには、必ず所轄の都道府県が認可する貸金業登録をしなければなりません。登録をしていなければ、その時点で違法業者ということになります。かつてサラリーマン金融が全盛の際、当時の上限金利が73%という今では到底考えられないような高金利が認められてことから、儲けを企んで我も我もとサラ金開業に殺到しました。当時は簡単に金融業を開業できたことから、雨後のタケノコの如し、全国にサラ金が乱立したものです。

当時は73%という上限金利が示す通り、さほど金貸し業者を規制する法律も制定されていなかったことから、過剰融資と過酷な取り立てが頻繁に発生し、やがては社会問題化していったのは過去の歴史が示す通りです。中には良心的な金貸しも存在したとは思いますが、あまりにも沢山の金融業者が乱立したことで、悪質な業者も少なくなかったのです。

闇金融とは

闇金融とは前述したように、貸金業登録をしていない無登録者のことです。登録をしていないで営業をすれば刑事罰に処せられることになりますが、それを承知で彼らは金貸しをしているわけです。したがって当然のように法律で定められた利息制限法や出資法など厳守するはずもなく、我が道を行くが如し、彼らの決めた金利で営業をしているのですが、こんな高金利であってもお金を借りたいと考える消費者が存在するのも事実です。

実際、貸金業j法で定められた「借入総額が年収の三分の一以上あれば新規融資は不可」という総量規制の影響で、金策に窮した人たちがこういった闇金融に流れているといわれています。いわば需要と供給の関係です。

こういった裏業者は通常の貸金業者のように信用情報機関の個人データにアクセスできないので、現在の借入件数や借入総額などの履歴を知ることができません。したがってあくまでも現在の借入状況などは自己申告になるのですが、借入の際には住民票や印鑑証明、健康保険証などの提出を促され、大量の書類に住所氏名を記載させて実印を押させるといいます。

こういった違法業者の多くは繁華街の雑居ビルやマンションの一室に存在することが多く、表札などの看板類は出ていません。通常の登録業者であれば店舗の入り口の見えやすい箇所に貸金業者登録票と貸付条件表などが提示していなければいけません。貸金業協会に加盟していれば協会のマークも掲示してあるはずです。しかし未登録の違法業者はこういった掲示物が一切されていないのが特徴です。

金融会社

闇金融から送られてくるDMの

彼らは多重債務者のリストなどを名簿業者から入手し、手あたり次第にDMなどで送りつけて顧客を勧誘しています。DMの内容は多重債務者が飛びつきそうな言葉を並べているのが通常で、「債務は一本化」「絶対貸します!」「独自審査なので簡単融資!」といったものです。